new!

[ Short short short ]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハナビラモザイク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〔僕視点〕

 

 

 

気になることは

この舞い散る花びらを誰が掃除するのか、と

花ふぶきの奥のきみのこと。



きみの顔はよく見えない でも

 

どんなことを想っているのか、どんな眼差しで僕を見るのか…

 

きみを考えることができる。

 

花ふぶきと風が心地いい

 

 

 

 

 

〔私視点〕

 

 

 

あなたの顔がよく見えない でも

 

私、花粉症で目は充血・鼻はズルズル…

 

恥ずかしい顔を隠してくれる、

 

花ふぶきと風は心地いい




気になることは


近くにマスクを売ってるお店はないのか、と

この舞い散る花びらを誰が掃除するのか

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人、夢、一瞬。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「髪にまとわりつくのはやめてくれないか。これから仕事なんだ。」

そんなお願いなんかおかまいなしで、ぼくの髪をひっぱり、彼女は言う。

「私が満足する素敵な言葉を聞かせてよ。そしたら離してあげるから。」





「綺麗だ。」

ぎゅっ

「美しい。」

 

ぎゅっ

「アジエンス。」

ぐいっ(痛っ)

 

 


 


思いつくかぎりの賛辞を彼女に贈ったけれど、どれもお気に召さない様子。

遅刻を覚悟し、ため息をつくと、ぼくの目に
はらはら散る うすべにいろ がうつる。

 

 

 


「…儚いな。」

 

 



ぼくがそうつぶやくと、彼女は髪を握っていた手をふっと緩めて微笑んだ。

泣くのを我慢するようにも見える、そんな顔をされると
もっと握っていてもらいたくなるから困るんだけど。



 


「また会えるだろ。」

「君がここで生きているか、私が私でいるか、一年さきのことなど分からないわ。」

「…確かに、ね。」

 


 


会社を休んだ晴れの日に ぼくと満開の桜。

うすべにの花びらが涙のように 人と夢を包む、その一瞬。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
some were good, and others bad. © yonejune.